快適両

 連載40周年を迎えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」(集英社)で最終回を迎えることが3日発表され、主人公の両津勘吉が公式HPで激怒のコメントを発して大暴れした。

キリも良いし潔い。お疲れ様でした!荒唐無稽だけど、もしかしたら本当にあり得るのかな?という絶妙なバランスが面白かった。ここは東京オリンピックまで連載続けて日暮熟睡男が連載を破壊して欲しかった。
最終回がどうなるのか気になります。NHKのニュースでその40年間一度も休載しなかったと言っていた凄い野蛮で暴力的な両さんだったが女性や子供には基本優しい。このキャラクターがたまらなく好きだったよ
面白かったなあ〜最後に両さん、誰かと結婚するのかな40年か。ひとつの時代が終わったな「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって」→俺だ。
「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって」正論過ぎてぐうの音も出ない(^^;と、同時によくいってくれたとも思う。こういうこと言えるの、ある意味両さんくらいしかいないよ。
今年44になった。私も今では週刊マンガ雑誌は購入してない。今から33年前、小学5年11からジャンプを読んで、26位まで読んだかな。ドラゴンボールを連載開始から終了までリアルに読んだ。北斗の拳もかもしれない。両さんは私がジャンプを読む前にスタートし読むのを止めた後も20年弱も連載がつづいた。本当に凄い。昼飯を食いに行った店にジャンプがあれば両さんだけは読んだ。楽しいマンガだ。両さん。秋本さん。お疲れ様でした。最終号は購入しよう。それが私が読む最後のジャンプになるだろう。