なんとか強い稀勢の里が復活してほしい」。

 元横綱日馬富士の暴行事件など、昨年から不祥事で大揺れだった大相撲。心機一転で迎えたはずの初場所は6日目の19日、横綱稀勢の里(31)が白鵬に続いて途中休場となり、東京・両国国技館にはファンや関係者のため息が広がった。

私の半年前に、言った通りになり悔しいです、一番悪いのは、マスコミ次に、親方そして稀勢の里本人、なんで怪我をしたあとに、3場所休ませて、初場所に進退をかけて、出ればこんな事には成らなかったと今でも思います、横審が文句を言っても良いので五月場所に身体をかけて頑張るべき、頼むから三月場所には、出ないで、左脇を治して下半身を鍛えて、五月場所で横綱相撲を御願いします、三月場所出れば引退ですよ。稀勢の里の左腕は課なりの重症じゃないのかな?全く目立たなかった鶴竜一人頑張っているが、新しいスターがほしいよね。
30歳を過ぎて横綱でいつづけるのは厳しいかなあ。平成の大横綱の貴乃花親方でさえ膝の怪我で30歳で引退。横綱全員既に30歳超え。新旧交代の時期か。若手力士がどんどん力をつけているのが初場所で見れる。
張り手やカチ上げは横綱としての品位に欠けるとかいいますが、、、負け越しそうになったら休場、それも何場所も連続で。これは横綱以前の問題です。横綱審議委員会は何故このことを咎めないのでしょう?あと、土俵は女人禁制というのは有名ですが、代表に池坊とかいうおばちゃんが君臨してるのは何故でしょう?相撲を取ったことがない人にあれこれ言われる力士や親方も可哀想です。