女の子もね、上手。

 23日に開催されたNPO法人野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会による「がんばろう! 宮城 少年少女野球教室」。講師を務めたのは、楽天の阿部俊人内野手、今野龍太投手ら現役選手に、宮城県出身者としては初の100勝投手で阪神などでプレーした若生智男氏、ロッテ、巨人、地元・楽天でもプレーした小坂誠氏ら、プロ野球で活躍したかつての選手たち11名。

打撃フォーム、真似しましたね
スカウトとしては正直かなり微妙でしたが、打撃コーチとしての能力は高く、指導した選手をオープンスタンスにする傾向はありますが、指導力は確かで、外国人初の2000本安打も達成したラミレス始め多くの打者を育ててきていますので、天職ではないでしょうか。将来プロで活躍するような選手を数多く育ててもらいたいですね。たしか大矢さんと古田さんの間の時代に活躍でしたね。あの頃、燕は良い捕手が続きました。
楽天創設時に、地元出身ということで監督候補の噂があった。あくまで噂だけだったけど、もし実現していたら、どうだったかな?実は初代楽天監督候補だったのだが。ヤクルト一筋を貫いた八重樫!
捕手が良ければ投手もいい気分で投げられるし、パフォーマンス向上にもつながる。野手への指示という司令塔としても機能すれば負けない野球ができる。捕手の指導ができる人は少ないし八重樫さんは実績もある方ですし楽しみにしてます。