流行語「こじらせ女子」を生み出したライターの雨宮まみさんが亡くなった。

流行語「こじらせ女子」を生み出したライターの雨宮まみさんが亡くなった。BuzzFeed Newsの取材に出版関係者が明らかにした。40歳だった。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯、石戸諭】前を向いていくため。

どうしても死因が気になってしまう…ごめんなさいブログに死にたいと書いていたし、そういうことなんですかね、、調べたら40歳だったから自分でなのかな…
年齢も死因も分からないのでなんとも言えないけど人が亡くなるのは残念。。。事実だけをまず報道したんだろうけど、詳細も明らかにできないんですかね。死因が触れられてないのが気になる40才ってまだまだ十分魅力的だけどな、、
私は私でいたいだけ、素晴らしい言葉だと思うし、そういう事を発信できる力や文章力がある人だからこそ、頑張ってほしかったです。こじらせるという言葉(流行語)はすごい言葉(発見)だと思う。言葉のセンスが秀でていた方だと思います。
気にしないように、気にしないようにと思いながら、一番自分自身が気にしていると言う…。他人なんて、自分をそんなに見てないんだから気楽に生きれば良かったのに…。もし自殺だとしたら、凄く勿体ないと思う。合掌。
この方、存じ上げないのですが、私と同じ考え方の人がいたことに驚きました。私も昔40歳になって結婚できなかったら死のうって考えてました。どうやって死のうか、でも、親が悲しむから親が居なくなってからにしようとか。もしも、本当に自殺だったとしたら見知らぬ人でもなんだか悲しいですね。自分の命もそうなんでしょうね、きっと。ご冥福をお祈りいたします。