あくまで法廷で争う姿勢を見せていたトランプ大統領が姿勢を後退させた形となった。

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、イスラム圏7か国出身者らの入国を一時的に禁止する大統領令をめぐり、すぐに連邦最高裁判所に上訴する考えはないと述べ、法的な障害を乗り越えるため新たな大統領令を検討していると明らかにした。

法廷でどうのって言ってなかったっけ?
トランプ氏は、厳しい事を一度言って、その後、気遣うような事を言って、人をなびかせる。これって、よくあるダメな経営者、社長の考え方だよね。でも、そんな事は長く続かないのにね。そのうち、口だけかって気づかれて、どんどん、人心が離れていくような気がする。トランプのやり方が余りに不味かったから別の形で出すのね。トランプは感情だけで拙速にやり過ぎたの。今、トランプには勝ち負けが重要じゃないの。最高裁で否定されても公約をやっただけだと言えるのだから。
初めから公約を成し遂げるつもりはなく「実行したが他の奴に反対された」って形にしたいだけなのかな次はどうするのかな。司法の壁はあったけど、この政策を支持するアメリカの有権者は多かったのも事実。戦略を変えたね。大丈夫か、アメリカ・・・懲りないなぁ……まだやる気か?面白くなって参りました
法廷闘争が不利になったのですね