空港を科学する

 羽田空港の国際線の発着枠を増やすため、東京都心を低空で通過して離着陸する飛行ルートが新たに設定される見通しとなったことで、改めて成田空港との棲み分けが問題になっている。国土交通省は、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに羽田の国際線枠を拡大し、訪日外国人客の増加につなげる考えだが、本来、首都圏の国際空港は成田空港のはず。

羽田と成田を結ぶ電車があれば相乗効果が期待できそう羽田だけでいいっていう人もいるけどそんなのどう考えても無理でしょ。デルタ撤退って言ってるしもう少し本気で成田と羽田の分け方考えたほうがいいと思う。
羽田の国際線ターミナルはそもそもアジアのみのつもりで造ってるからすでにサイズが限界、旅客も貨物も将来の需要を考えると、ひとつの空港では絶対に足りない。成田空港は地元の人が反対運動やってたくらいだしなくなっても別にもう困らないんじゃない?最近は反対聞かないけど。。。場所も不便だしね。
都内からの距離はともかく 22時を過ぎたら離発着出来ない国際空港なんて不便この上ない。羽田の駐車場に車いれるのに3時間かかった。 出迎えだからいいが出発とか間に合わないだろう。インフラが追いつかないのでわ。
今後はLCCが増えるから、成田はLCCと貨物だけでもそれなりの発着数が稼げそう。それで十分と思うが。空港の拡張も良いが、その前に航空会社の安全管理を徹底させて欲しい。特に最近ニュースが多いANAさん、事故してからでは遅いですよ。もう羽田空港と成田空港は飽和状態にあるかもな。
1つの空港では将来、容量不足になると思います。でも両空港の拡張も簡単ではない。難しいとは思いますが、羽田︎成田の鉄道アクセスをより高速化して一体運営できる方策を模索した方が良いと思います。今ある計画も知ってはいますが従来の延長線上の域で決め手にはなれないと思います。