自分を変えずに曲になるための7つのコツ

 結婚式で盛り上がる新郎新婦の秘蔵映像。思い出の写真にお気に入りの音楽をつけ…ってちょと待って! 実は披露宴などで勝手に楽曲を使うと著作権などを侵害することになりかねません。最近では権利処理を代行するサービスも登場。

自分を変えずに曲になるための7つのコツ
なぜ結婚式が「不特定多数の人が集まる」→著作権料が必要なもの、と言えるのかわからない。ご祝儀が入場料扱いになるとかも聞いたことあるけど、式にかかるお金から考えたら全く利益になんかならないし。音楽権利団体?って取れるところから取っている悪い印象しかない。ISUM関係だと曲編集できないからウエディングムービーとか作るの大変です
「Boom!」はいいね。明るい曲調だから結婚式に合ってるし。余談だけど、あのCMの1シーンにある駅員さんが整列、敬礼してるところがカッコ良くて好きなんだよね。ちょっと結婚式で流しただけで1万以上とられるとかぼったくり。営利目的の商売してるわけでもないのに払う必要性感じない
結婚式は不特定多数ではなく招待状を出し来てもらってるから特定多数でわ(笑)ショップなどで流してる曲の方が不特定多数では?ハッとしてGOOD
言ってることは分からんでもないが、セコさしか感じない。いっそのこと、こういう個人のイベントなら自由に使用して構いませんよ、というアーティストが出てきたら、相対的にすごくイメージアップするよね。著作権等大切なのはよく分かるが、あまりにも臨機応変さのない対応は辛い。ルールでしばってばかりいるから、判断力の乏しい人間が育っているのでは?
著作権関係は何かと面倒くさい上に、利権関係もガチガチだからな…。クラシックは著作権切れている物が多いからかけ放題らしいけどね。