27日の第2回と4月17日の第3回公判では、昨年1月に名護市辺野古で起きた威力業務妨害事件を目撃したとされる警察官と沖縄防衛局職員がそれぞれ出廷する。

 米軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴され、威力業務妨害罪などに問われている沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)=保釈中=の次回公判で、那覇地検は8日付で「議長や関係者の報復を恐れている」として、検察側証人2人の遮蔽(しゃへい)を那覇地裁に求めていることが分かった。

テロリストにも弁護士がいるのか。これが事実じゃないですか。地元警察の自宅を調べて、家族に危害を加えるようなことを示唆している輩との裁判ですからありなんじゃないですか?
証言する人の安全確保は当然じゃね?身辺警護付けても良いくらいだよ山城容疑者は「家もわかってる!」などと機動隊を脅したり、写真を撮って横断幕にしたりしてる訳だから証人やその家族の身の安全を考えると遮蔽した方がいいと思う。
暴力テロ組織が沖縄ではびこっている状況では当然の要求。逆だよ、遮蔽して欲しいのは裁判長の方だよ、報復を恐れるわ。自らの身を守ることは大切です。なんせ、沖縄米軍基地前には数々のテロ、殺人をやってきた極左暴力集団が存在してるらしいではないですか。
旅行に来た沖縄の一般市民が言ってたけど、沖縄では下手な事は言えないらしい、基地反対派の報復が怖いって言ってたよ。沖縄タイムズと琉球新報はその辺の事は一切伝えないけど。