これから「決議」の話をしよう

 沖縄県石垣市議会(知念辰憲議長)は16日の9月定例会最終本会議で、石垣島への自衛隊配備に関する初の推進決議を与党の賛成多数で可決した。防衛省が計画する平得大俣地区や陸上自衛隊など具体的な場所や部隊は明記せずに「配備は不可欠」とした内容。

これから「決議」の話をしよう
沖縄には日本の新聞は無いのですか?議会の皆様応援支持します。市長さま、議会の英断を感謝します。日本を、守ろう!
数の横暴ってwなら多数決で物事決められなくなるねw本当にしなきゃいけないのはその人達をどう説得・納得させるかだよ議員さんwなにがオール沖縄だ!石垣市の脅威を軽んじ、中国共産党に優遇を与える翁長雄志は、速やかに退陣すべきだ!宮古海峡についてコメントしてみろ!
反日マスゴミや国賊知事、サヨク売国奴のいつもの合言葉オール沖縄が、大嘘であることが露呈自分達の意見が通る時は「民意」と言い、反対する時は「数の横暴」と言ういつもの御都合主義
まあ海、陸のどちらが先かは、地元の要望を踏まえて順次展開させれば良いだろう。いずれにせよ望まれているのだから早めの配備を。オール沖縄 改め 一部沖縄 に改称予定カエルの楽園からお伝えしました。そんなのん気な事を言って良いの。宮古海峡まで中国が来ているよ。
いつも思うけど「数の暴力」って選挙で当選した議員が言う言葉かね。それなら自分を選んでくれた有権者の一票も数の暴力では?石垣の市長は自民党派、辺野古も推進しているのに地元はダメなんて話はないよね
市民不在、数の暴力、って・・。民主的な投票によって選ばれた議員によって決議された結果なら、それは「民意」と考えるのが当たり前で、それが現代の民主主義なのでは?このように報道しているのも、「沖縄タイムス」だよね。