ただ目標は、原発の再稼働を前提としている。

 経済同友会の小林喜光代表幹事は15日の記者会見で、地球温暖化対策に関連して「日本には資源が無く、エネルギーコストが他国に比べて高い状況も考えれば、原発をどうすれば良いかおのずと解は出てくる」と述べ、原発の再稼働の必要性を強調した。

原発って危険で高コストですね。原発はやめるべきだな事故が起きた場合、「誰がどこまで補償するのか?」を明確にしてから、必要かどうか議論するべき経済同友会の関心はコストだけでしょ。
仕事になれば、何でもやるのが同友会。金だけが目当て。再稼働を前提として将来的な脱原発へのロードマップは示せれるのかこれが示せれなければ脱原発は不可能になってしまう
エネルギーコストが他国と比べて高いのは、東京電力だけで年間4000億円を企業年金の負担に費やし、沢山の天下り用の子会社や孫会社に金落としているからで、原発がどうこうという話じゃ全くない。
関係はあるが同一のものではないのですがね?省資源とエコと省エネと温暖化と区別できない経済屋であり技術屋ではないのですね。とりあえず東京電力をどうにかしたら?原油を平均価格の20%増しで買い付ける。関連会社で使いまわして利益を水増しする。高くなったから!と消費者の利用料に上乗せする。上乗せするシステムがいるといい関連会社の電気メーターを押し売りする。元会長・元社長の子会社がウハウハ状態。利益は給料とボーナスへ!原発事件での費用は国民の税機と電気使用料金と他の電力会社へ!?まぁ原発再開したいのだろうけど・・・ 東電のおかげで100%むり!