トヨタの思い切った決断にはどのような背景があるのでしょうか。

 トヨタが従来のエコカー戦略を大きく転換させようとしています。これまで力を入れてこなかった電気自動車の量産化について検討を開始したと報じられました。トヨタの思い切った決断にはどのような背景があるのでしょうか。

日本が普及しない理由。燃料の税金が入らなくなるから。二重課税やら。
EVはトヨタの偉いさんが反対してたって話しを聞いた事がある。FCVも20年前なら可能性もあったが出るのが遅すぎた。今頃出す勇気は認めるが普及する訳がない、水素関連の無駄な投資の責任は誰が取るのだろう?春頃 近所に水素ステーション完成したがまだ稼働していない水素自動車が走ってないからか!水素自動車掛け声だけで終わりか?
トランプは石炭産業を保護しようとしていると明言しているから、尚更電気自動車だろ。電力使用量が急増し、火力発電まわせば石炭の使用も増える
HVやFCVはガラパコス化しそうな気配です。世界はPHVやEVが主流ですから。そう考えると、三菱の戦略は合っているのかもしれないですし、それを吸収した日産も世界に向けた車作りをしているのかもしれないですね。
>世界最大の自動車メーカーであるトヨタにとって製品ラインナップの中にEVがないというのは大きなマイナスとなります。しかし、フェラーリやランボルギーニなど、殆どスーパーカーしか製造していない自動車メーカーの製品ラインナップに「EV」は必要ない。
量産化は良いとして、P-Q分析の生産形態の在り方である。日本車に決めて、エコカーの低燃費電動車が欲しいが、まだまだ高性能電動車が発売する時期を待っている。買い急ぐ必要はない。また軽自動車のPHVが発売するだろうと思う。