“在庫減らし”という意味合いの初売りセールはどうか?

新年を迎えTVCMや新聞の折り込みチラシで『初売りセール』の広告をたくさん見かける。果たして初売りセールと、2月下旬から始まる『期末決算セール』、どちらがお買い得なんだろうか?クルマの買い換えを考えているなら大いに気になるかもしれない。

買いたい時に買うのが一番いいで、結局、どっちもどっちってことでしょ?下手したら、登録済みの新古車薦めてる感じ。結論にモヤモヤ。
普段の下駄車なら新古もありだとは思うけど、新年早々に200万こえる買い物で新古の選択にはいまだ躊躇してしまう小心者です
普通車は値落ちが大きいので足代わりでグレードやボディカラーに拘りがないなら登録落ちの方が良い今は在庫をあまり持たないので軽トラでも即納は難しく値引きを締めている現時点で3月末までに納められない車種は出始めている車輌価格が安くてもすぐ壊れたり、燃料代で劣ってたら意味がない意外と消費者の財布の紐は硬い感じだけど。
初売りセールで一見装備が揃って値引きが10万単位で、おまけに商談成立で福袋とかもらえてテンション高くなるのはわかるけど、新年早々気分が高揚して冷静さを失う買い方はどうかな。結構ワンプライスとか値引きが渋くておまけにローンとか残か設定だと高い買い物になるし。