損保ジャパン日本興亜は12月1日、自動車保険の適用等級に誤りがあり、実際より高い保険料を一部加入者から徴収していたケースが発生していたことを発表した。

損保ジャパン日本興亜は12月1日、自動車保険の適用等級に誤りがあり、実際より高い保険料を一部加入者から徴収していたケースが発生していたことを発表した。誤った等級で契約した加入者は343名、同様の可能性がある加入者は84名。

まず社名を短くすることをやった方がいいわ。保険証書をちゃんと読まないとダメだね。っというより、保険会社を安易に信用しちゃダメだね。いつもの平常運転じゃないか。
4月に調査開始して、12月に発表だなんて遅すぎ。隠蔽するつもりだったのでは。他にも色々と隠してそう。え、等級以外のとことか自動車保険以外も大丈夫かしらと疑っちゃうねミスなんてあり得るの??素人でもあるまいし。。いつもの事で今回はばれた?ってところでしょう。やるね~損保ジャパン。ここ対応最悪
今の等級制度がややこしいんだよね。事故したら3等級だけでなく、事故あり等級になるし、ガラス割れなどは事故あり1等級とか、分かりにくい。事故になると損害金額や過失割合で保険を使わないほうが良いこともあるから、更新近くに事故すると色々面倒なんだよね。元の等級制度に戻してほしいよ。今の制度は保険会社の儲けてる気がしないでもない。保険事由で払わなかったり、保険会社って信用できないところが多い。