1キロワット時の発電コスト20円を目指す。

IHIは海流でタービンを回して電気をつくる海流発電システムを開発した。2017年秋に鹿児島県で発電の実証実験を行う計画で、横浜工場(横浜市磯子区)で実験機の製作を始めた。年間を通して速さや向きの変動が少ない海流は、再生可能エネルギーの中でも安定的な発電電力量が期待できる。

海版の小水力発電ね。離島の電力供給なら十分対応できそう。曇りでも風が無くても稼働する海洋発電を早く実用化してほしい
まだまだ発電の方法があるじゃないの。無理やり原発稼働しなくても頭の良い人が考えたら他にもあるよ絶対。IHIの技術は凄いと思う、てか日本の重工関係は凄い九州で実験してたのは失敗したから、どんどんチャレンジして欲しいね。生物がびっしり付着しないのだろうか。
こういうの原発云々じゃなくてもどんどんやってほしい。結果原発いらないほど安定すればいいと思うし。太陽光のコストが恐ろしく下がっている。原発に比べ安いのは当たり前だが、一部地域では、すでに火力発電より安くなっている。
最近、蓄電技術がかなり進歩してコスト的にも実用化してきたのでエネルギー政策も転換しないとね。原発は徐々に自然淘汰かな。発想が凄い。中国の潜水艦がひっかけなければいいけど・・・否定するより肯定。頑張って下さい!