The history of 飛行

 JAL(日本航空)が2015年、国内線と国際線をあわせた運航実績において、89.44%という「定時到着率」を記録。世界1位になりました。【画像】通常は入れない羽田空港管制塔からの眺め 世界の航空業界に関しさまざまな調査、分析を行っているFlight Stats社(アメリカ)が認定したもので、JALはその「主要航空会社部門」において過去7年間で5回、「世界一」を達成しています。

The history of 飛行
「飛行機が遅れやすい時間帯」のところ、行先とか便名とか間違ってると思います。遅延しない方がいいが「安全」の方を優先する。
保安検査すり抜け事件があったが、それでももう少しあそこの行列をどうにかできないものかと思うあと、客のせいで遅れることも結構あるのでは乗り継ぎのお客様の場合があるということをお忘れなく。いつも思うけど、普段航空機に乗り慣れていない人ほど、早く空港に来て欲しいよ
帰省でよくジェットスターを使うのだけれど、ほとんど遅れる。欠航になって空港で6時間待たされたこともあるし、9時くらいの飛行機がかなり遅れて成田空港に降りれないかもなんてこともあった。JALはすごいな。JALもANAも客層がいいからね。LCCと違って。ついこの前、ラウンジのテレビに釘付けで300人を30分待たせた客がいた。
航空会社の工夫とともに、出発の30分以上前くらいには搭乗口で待機をする、国民性もあると思う。それも重要だけど もう潰れないように頑張れリストラされた社員より。
>>圧倒的に多い遅延の要因は、「お客さまをスムーズにご案内できなかったとき」です。これ、ぶっちゃけ「急ぎもせず、平気な顔をして遅れて来る客が居たとき」ですよね(笑)色々事情があり遅れることはあるかとは思うけど、遅れたならせめて急いで飛行機に乗る、と言うのは最低限のマナーだと思う。主観が混じっているだろうけど、遅れてくる客に限ってチンタラ歩いて来たりする気がする。