苦戦の理由はさまざまあるようだが、一部では視聴率が低いという理由だけで広瀬すずのパーソナリティーにまで問題があるかのような記事も見受けられる。

 広瀬すず(19)が主演を務めることで注目を集めていたドラマ「anone」(日本テレビ系)が苦戦を強いられているようだ。放送送開始から第4回までの視聴率は9.2%、7.2%、6.6%、6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と下降気味で推移しているが、業界関係者はその理由をこう見ている。

ドラマ好きというより、脚本が命のような邦画好きの人が見るドラマだと思う。どおりでカルテットと同じような細かい演出やセリフだなと思った。唐揚げにレモンのような名台詞はまだないけど、ハズレという名前のいきさつも衝撃的だった。同じ施設にいた入院しているお友達は誰なのか気になる。カルテットで旦那さんは誰なのかみたいな感じ。カルテットはもっと滑稽さを素直に演出していたと思うけど、anoneはそこまでコミカルではないのも更にちょっと難しく感じるのかな…田中ゆうこさんの1話目のどこまでも追いかけてくるのがシュールで面白かったけど…
キャラを単純に「いい人」と「悪い人」に塗り分けてもらわないとダメな視聴者には、確かに訳が分からないドラマだと思う。視聴率を取れるのは今や、「ウケる」か「泣ける」=いいね!を共有しやすい番組ばかりだから。でもそれを望まない層がいる限りは、大御所の権威を振りかざしてでもいいから、違うテイストのドラマも作って欲しい。