オールシーズン判定

 現地時間1日に行われたフランス対イタリアの親善試合で、国際試合では初めてビデオ判定が行われた。サッカーでのビデオ判定に関しては、アメリカ3部のユナイテッド・サッカーリーグでの試験導入が始まっており、今後はイタリアやドイツなど計6ヶ国でも試験導入されることが決まっている。

残り試合時間も他のスポーツのように明確に表示してほしいものだ審判のジャッジ含めてサッカー!っという古い考えがあるもんね。
オリンピックを観ていても判るが、他のスポーツはドンドンビデオ判定を導入してるのに、サッカーって随分時代遅れなんですね。サッカーの誤審がなくなる時代も近いかな時代遅れもいいとこ。早く導入してくれれば、勝ち試合を審判に負けにされたたくさんのチームが救われたのに。
アジア最終予選の審判のレベルが低い、ジャッジする体制に問題があるって事と日本代表が弱いってのは全く別次元の話。監督や協会は一緒にしたがるだろうけど視聴者は分けて判断すべきGLTのシステムは費用がかかる、という問題もあるけどあんなVTRみたら誰でも入ってるってわかるようなのぐらいなら、数分くらい試合止めてVTR確認すれば済む話だと思う
他の競技と比べてもサッカーはとりわけ一点の重みがあるというのに、なぜここまでこうした機械的判定の導入が遅れていたんだろう…?時代に遅れているアジア、世界でも弱いアジアらしい。
審判のジャッジ含めてサッカー、ですよ。間違いないと思う。でもボールラインテクノロジーとか審判を5人に増やすとか、いくらでもできることある。そういう補完できるところをした上で、試合を作っていくのがいま求められるレフェリング。むしろ遅いくらいだなんでサッカーとか野球の審判ってあそこまで頑固なんだろう「簡単に覆すと審判の威厳が~」とか言ってるけど、デメリットの方がはるかに大きい