他社ブランドとの違い

かつては米国で最もホットなブランドだった──。グランジファッションの流行が過ぎた去った1990年代後半、十代の若者たちが求める軽快でカジュアルな、東海岸のアイビーリーグを思わせるスタイルを売りに登場したアバクロンビー&フィッチ(A&F)は、当時の米国のファッションを特徴付ける存在となった。

単純に質が悪く値段が高いロゴに頼りすぎてデザインが大味銀座の店ではホストみたいな兄ちゃんが上半身裸でしたからね。立地上、品格がないと思われも仕方ない。憧れたことなど1度も無い。
社長がアジア人差別で有名になったからなwアジア人には来て欲しくないから 日本進出もかなり渋ってたし。進出しても銀座と福岡だけwやる気なしwあとはビクトリアズシークレットの女性下着もアジア人相手にしてないでしょwここの店って、まともに接客できないすごい香水くさい店員がアホみたいにノリノリで踊ってるイメージ。臭いしイラつくし店に行く気はおきなかったし、もう古くてダサいイメージ。
美男美女向けの服でーす、って服屋として怠慢だよね。美男美女は何着ても似合うんだから。デザインも品質も雑なのに値段だけ無駄に高い。流行とは流れ過ぎて行く・・・と書くのである。
トップショップ、アメアパ、オールドネイビーに続いてここも日本撤退しちゃうのかなやや高めのファストファッションは厳しそうだね