体に良いソフトが帰って来ます

 将棋界のトップクラスに君臨する三浦弘行九段(42)が真剣勝負の最中、こっそり将棋ソフトに頼るなんてことはにわかには信じられない。だが、日本将棋連盟の幹部によれば、三浦九段が使っていたと見られる将棋ソフト「技巧」で確認してみると、終盤における棋譜と93%の一致率を見せたという。

普段からソフト相手に練習続けたら一致率上がらんのかな?ソフト>棋士なら練習も対ソフトでと考えもあり得る。引退である! 将棋塾の講師になるのがベスト。
まぁ多くて手数百何手くらいが一局なんだから。終盤の20手弱をどう見るかってことだよね。1手違いで5%も変わってくる。ただ、一致率だけでなく、普通じゃないほど先まで読まないと指せない手がいくつかあるらしいので、そっちの方も考える必要があるでしょう。。。終盤の一致率は局面によっては当然に高くなるはず。最善手の応酬がほぼ一本道という局面はあるのだから。三浦の対局がどうだったかは知らないが。100%では無いんだ
結局は、プロとしてのプライドと良心を持ち合わせているかどうかの問題本人はなぜ出てこない?身体検査した上で、もう一度検証したらいいのに。よく分からないけど、一致率が高いことイコール黒ということなのだろうか?灰色で無罪…?黒で有罪……?検証結果には興味があります。
離席率との関係が気になる。離席率と一致率が比例するなら状況から黒とされても仕方がない。スマホ提出って、アプリ削除しても、そのアプリがインストールされてたってわかっちゃうものなの?もう黒だろうけど、あとは証拠だ。