受信で人生が変わりました

NHKの石原進経営委員長が9月13日、「ネット配信であっても何らかの受信料をいただくことは必要」と述べ、ネット視聴者にも受信料の負担を求める意向を示したと、朝日新聞など複数のメディアが報じた。先日行われた“ワンセグ裁判”も相まって、発言に波紋が広がっている。

受信で人生が変わりました
NHKの受信料は見る人が払えばいいと思う人。放送維持というよりは、自分達の給料確保としか思えないとりあえず給料公開してから言って欲しいまずは自分達の給料見直してほしい。
いまの時代視聴料金を支払ったら映るという形をとることが可能な時代です支払ったら視聴できるという形式に移行していただければ問題ないと思うのですがもちろん私自身は 何年も視聴したことがないので契約はいたしませんが見ていない人からも徴収なんてただの 『押し売り』 !!最低ですよ
受信料って税金となにが違うの?払う方に選択肢がなく、全員徴収なら、その使い道に関しても払い手が口出せるようにするべき。受信料も紅白や大河の制作費を削減して、一世帯につき月500円以内にすれば?十分でしょ。NHKを有料チャンネルにすればいいのでは?ネットもってる、ワンセグあるテレビあるで一世帯からいくら徴収するつもりでしょうか
これだけ多くの人が疑問に思ってる法律をタテにした制度。払わない人には見れないようにしたらすむだけなのに、『既得権』にしがみついた愚の骨頂。大きな問題をいっぱい日本は抱えているんだから、こんな簡単に解決できることは片付けて欲しい。
ネット配信には実はもうひとつ罠があるかも。つまり、すでに受信契約をしていれば関係ないと思ってる人が多いみたいだけど、もし、衛星放送もネット配信されると、地上波契約の人は衛星契約に切り替えろ、と言ってくるかもしれない。そうしたら、毎月1000円くらいの値上げになることに。今のNHKなら、ほんとにそれくらい企んでいそうな気がする。