日本を治すのも楽じゃない!

● 2012年以降悪化した日中、日韓関係 政治関係と国民感情悪化の悪循環 日中韓三ヵ国の外相会談が本日(8月24日)行われる。執筆時点でその結果は明らかではないが、順調に進めば本年中に日本で三ヵ国首脳会談が開催されることになる。

国家的な品位と、基本的な外交態度について話し合うのはどうだろう。幼稚園?百害あって一利なし。日中の2ヵ国でいいでしょう 韓を入れる意味無し。
三者がお互いに言いっぱなしなのは最初から分かっているの、噛み合っていないのは分かっているの。だから、どう噛み合っていないかを見るのよ。更に、王毅はここで韓国が何と言うかを見るの。王毅は韓国の出方、態度を見るのよ。だけど、中国もロシアと同じなの。経済が上手くいっていないから中国は日本と上手くやりたいのが本音なの。また、訳の判らない資金援助を約束して中韓を喜ばせるのか?少なくとも、日本にとってプラスになる要素は全くない、意味のない会談。イカン、イカン。
尖閣やら竹島に議員上陸やらに日本はお決まりの遺憾だとか目を合わさず怒りを表明とか、そんなもの中韓にとっては「屁のつっぱり」にもならんでしょう。オリンピックイヤーなので石井選手を真似てみました!全くもって意味はありません国民の怒りは伝えて欲しい良いことはありません。きちんとノーを言うべきです。今まで中、韓を助けて何か 良い事あったかな??意味ないと思いますけどね。
言論NPOのデータだけで、判断するのは、無理がある。意味?金が減るんじゃない?それで終わりでしょうな敵国として認定してくれんかな。マジで!何の意味もない。
中韓の共通点は一方的に自己の要求を通すことだ。これが改めなければなにやっても解決しないだろう。最初に言うべきことはそれだろうな。