演じの浸透と拡散について

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康(内野聖陽)の重臣、本多忠勝を演じている藤岡弘、。天下の猛将として名をとどろかせる一方、真田信繁(堺雅人)の兄・信幸(大泉洋)に嫁がせた娘の小松姫(吉田羊)を思う一人の父親でもある忠勝の人間くささを語る。

演じの浸透と拡散について
「真田太平記」では加藤武さんが演じておられた。演技の幅が広い役者さんではあるが、打本のおやっさんのイメージが強く、忠勝が泣きを入れるのではと、ドキドキした経験がある。
この人を見てると、仮面ライダーノンフィクションでは無いのかと思ってしまう…この人こそ本当の武士。時々バラエティーでの天然キャラのギャップが魅力。信幸(之)と忠勝が嘆願にゆくシーンはなかなか良かったです。藤岡弘、さんのアタリ役は仮面ライダー以来かもね。
家康と娘婿に挟まれ難しい役だがハマリ役ですね助命嘆願は史実なの?こういう役者さんのコメントを読むと、演じた人にしか見えない本人の心みたいなものがあるんだろうなぁと、そんな気がする
ある意味、配役で最初から一切の違和感もなかったのはこの人だけだったかもしれない。ハマり過ぎだな…。格好良すぎる︎藤岡さんは裏表がない実直な人だと思う。本多忠勝を演じるにはピッタリな人ですね。本多忠勝は乱世では活躍したけど安定した時代になると用済みにされた武将なんだよね!
今後戦国ものドラマや映画が作られるだろうが、他の人が忠勝を演じると苦悩するだろうな。それぐらいハマっている。某ゲームでよく使ってたけど…他の最強キャラと違って忠誠心の強いキャラでそのイメージが強い。ただ強いってだけじゃ無いイメージがある。
三谷幸喜って脚本だけしゃなく、キャスティングもこだわりがあるのかな?最初は違和感があっても、次第にスルメみたいに味が出てきて最後に、この人しかいない!と思える。