個界の王様

 国立がん研究センターなど日英米韓の共同研究グループは、たばこを毎日1箱吸うと肺の細胞に異常が生じ、遺伝子の突然変異が年に150個蓄積すると発表した。17カ国のがん患者約5000人の症例を解析した。遺伝子変異が蓄積すると、細胞ががん化するとされており、喫煙が肺がんのリスクを高めることが改めて確認された。

厚労省はええ加減、対策を強化して頂きたい!矛盾した健康対策では、医療費削減にはならない。今提案がある価格設定も、本気で取り組んで欲しいものです。人によって 喫煙しても 長生きする方もいます。 何故!
タバコは危険。でも酒はもーっと危険。最近、酔っぱらいの事件ばかり飲酒運転や殺人が何件もあってる。こちらを規制すべきだ。喫煙者より タバコは、他にも火事の危険とかの問題もある。 まあ、最低限、分煙と場所をわきまえることが必要かも? タバコが生活のリズムになっている人は、ガムに切り替えるとかの努力も必要かも?
また増税しやすくなりましたね。他の嗜好品も徹底的に調査して課税すればいいのに。特にアルコールはもっと増税しないと。年々肺癌のリスクが高まるとか色々研究結果が出ていると思うんだ、それは政府も分かってるはず!なのになぜ煙草自体販売禁止にしないのか?それはやはり税収があるからですよ!
喫煙者が1990年以降減り続けているにも関わらず、肺がんが増えているのは、他にも原因がるのでは?高齢者が増えがんリスクが高くなって当然。車の排気ガスなんかも怪しい?ひと箱1000円案が出てるようだけど、正直それくらいやって医療費に補填した方がいいのでは